So-net無料ブログ作成

民主の消費税議論「公約破綻を自白」谷垣氏批判(読売新聞)

 自民党の谷垣総裁は14日、神奈川県箱根町で講演し、菅財務相が3月から消費税の議論を始める意向を表明したことについて、「(民主党の)マニフェスト(政権公約)の基本構造を維持できなくなったと自白しているに等しい」と批判した。

 谷垣氏は消費税率引き上げの議論は不可欠だとしつつ、「子ども手当などの財源は無駄を省けばすぐに出てくると言っていた。あれだけマニフェストと言った方が『無理だ』というのを、『そうですね』と言うわけにはいかない」と述べ、今後追及する構えを示した。

 また、トヨタ自動車のリコール問題で、ラフード米運輸長官が同社を厳しく批判していることについて、「オバマ大統領が『米国にとって日米関係は大事だ』という顔つきをしていたら、運輸長官があそこまで厳しく言ったかな、と思う」と述べ、鳩山政権下での日米関係悪化が影響しているとの見方を示した。

小沢氏の不起訴・続投「当然」 達増岩手知事(産経新聞)
<ユネスコ協会連盟>優遇申請怠る 寄付者、控除受けられず(毎日新聞)
<石川衆院議員離党>民主支部は今後も支援 北海道(毎日新聞)
【くらしナビ】そば焼酎 ブームの予感 クセ少なく、すっきり(産経新聞)
四国電力 伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)

スノーボード授業 北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)

 札幌市手稲区の市立星置東小の6年生64人が8日、同区のサッポロテイネスキー場で、スノーボード授業に参加した。スキー授業は小学校で行われているが、スノーボードは北海道内で初めて。児童の大半が初心者だったが、元五輪選手らの指導を受け、スキーとは違う雪の感触を楽しんだ。

 授業は、米国のスノーボードメーカー、バートン社が企画。同社が開発した転びにくく曲がりやすい、初心者向けボードを使って行われた。準備体操後に早速、緩斜面で挑戦。かかとに重心を移動させながらスピードをコントロールする横滑りでは、恐る恐る滑り出しバランスを崩す児童も。「意外と難しい」と言いながら、楽しそうに汗をかいていた。

 インストラクターの一人、橋本通代さん(37)は、ソルトレーク五輪ハーフパイプの日本代表で現在はプロスノーボーダー。「スノーボードはそりの上に立って、雪の上を滑る感じ。ターンができるまで時間はかからないので、小学生の時から始めてください」と話していた。【千々部一好】

【関連ニュース】
<総力特集>まもなく開幕 バンクーバー五輪
輝け!日本のエースたち:バンクーバー五輪/7 スノーボード・竹内智香
いざ!バンクーバーへ:/9 スノーボード
バンクーバー五輪:スキー・スノーボード 代表を発表 葛西、最多6度目

追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納−平野官房長官(時事通信)
<石川知裕議員>「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正(毎日新聞)
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検−北海道・帯広(時事通信)
「もったいない」で地球守ろう=マータイさん、原爆資料館視察−広島市(時事通信)
500円タクシー、近畿運輸局が値上げ要請へ(読売新聞)

<殺人>石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)

 早朝の民家に若い男女の悲鳴が響いた。宮城県石巻市で10日、3人が刺された死傷事件。刺したのはこの家に住む女性の知人の少年(18)とみられ、次々と切りつけたうえ、1人を連れ去り逃走した。静かな港町の住宅街で起きた凶行に衝撃が広がった。

 県警などによると、この民家には亡くなった南部美沙さん(20)と、連れ去られた妹(18)や母、祖母ら女性ばかり5人暮らし。近くの主婦(75)は「あまり近所づきあいはない家族だった」。また「妹は去年暮れに赤ちゃんを産んだ」(近所の主婦)といい、妹は話を聞かれると「女の子です」とうれしそうに話したという。

 この近所の人たちは午前7時より少し前、救急車のサイレンで異変に気付いた。布団の中でその音を聞いた主婦はとっさに「南部さんの所かな」と思ったが、「おばあさんが調子が悪くて、前にも救急車を呼んだことがあった。でも、事件とは思わなかった」。

 前夜の出来事を、事件の予兆のように証言する主婦もいた。「何かトラブルがあったようで、午後7時半ごろにも警察が来ていたようだ。まさかこんな近くで事件が起きるとは恐ろしい」と声をふるわせた。また、南部さん方には複数の若い男性が連れ立って訪れているのをよく見た、という証言もある。「車を置いてもいいですか」と礼儀正しく声をかけられたこともあった。

 この日は午前9時半から南部さん方の向かいの集会所で地元老人会と小学生の交流会が予定されていたが、急きょ中止。老人会役員の男性は「びっくりした。地域の交流があまりないところだから詳しいことは分からない」と驚いた様子だった。

 犯人が捕まっておらず、近隣住民は厳重に戸締まりをしており、ある主婦は「犯人が捕まらなくて心配」と困惑した様子で話した。

<火災>住宅の一部焼け、82歳遺体を発見 千葉・船橋(毎日新聞)
<人事>警察庁(15日)(毎日新聞)
石川議員、民主党離党へ 「小沢氏は反対しない」民主党幹部 (産経新聞)
藤川市議、進次郎氏が自民新プロジェクトの「応援隊」(スポーツ報知)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)

財源確保、公約通りにいかなかった=「時間的余裕」言い訳に−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日の衆院予算委員会で、2010年度予算案で無駄削減による財源捻出(ねんしゅつ)について「時間的余裕の(ない)中でかなり努力したが3.3兆円にとどまった」と述べ、衆院選マニフェスト(政権公約)通りに成果を上げることができなかったことを認めた。公約では7.1兆円が捻出可能と明記していたが、首相は「その額までやりたかったという思いが現実にはある」と釈明した。公明党の石井啓一氏への答弁。
 また、石井氏は11年度予算では公約通りに無駄削減で12.6兆円の財源捻出が可能かどうかも再三追及。首相は「当然やるという雰囲気、思いの中で努力する」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

起訴後、高級志向が加速…連続不審死・木嶋被告(読売新聞)
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝−大阪府警(時事通信)
西成で連続不審火(産経新聞)
首相動静(2月2日)(時事通信)
山本病院、死亡時刻を2時間遅らせカルテ記載(読売新聞)

高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)

 小沢鋭仁環境相は8日の衆院予算委員会で、来年度に行われる高速道路無料化の社会実験に関連し、「国土交通省と環境省が3月末までに、実験地域での(二酸化炭素=CO2=排出増減影響を明らかにする)シミュレーションを行って発表する」と表明した。自民党の町村信孝氏への答弁。
 高速無料化とCO2排出の関係をめぐっては、車の利用者増によって増えるとの意見がある一方、道路渋滞の緩和によって減少するとの見方もある。 

タミフル個人輸入代行業者6人逮捕 大阪府警 (産経新聞)
デルタ航空機の主脚格納庫に黒人男性の遺体 成田空港(産経新聞)
司法書士、依頼者の金着服=過払い返還金など1000万円−富山(時事通信)
<インフル>患者数、再び減少 累計は2006万人(毎日新聞)
小沢幹事長「辞任を」74%、内閣不支持47%(読売新聞)

トヨタ佐々木副社長、国交省で事情説明(レスポンス)

トヨタ自動車の佐々木眞一副社長は3日夜、前原国交相に対して、海外で頻発するリコール問題や新型『プリウス』でブレーキが一時利かなくなるという苦情などが寄せられていることについて、説明した。

[写真:佐々木副社長]

前原国交相から「大変心配なのでしっかり対応してほしい」という要望を受けた佐々木氏は、国内の14件の新型プリウスのブレーキの苦情に対しても前原氏から質問され、「申出のあった苦情を整理して対応を取らせていただきます」と回答したことを会見で明らかにした。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【株価】トヨタ、ブレーキ不具合などで急反落
運転中に窓を洗浄、横断者の存在に気づかずはねる
トヨタ自動車 特別編集
国土交通省 特別編集
リコール情報 特別編集

岡田外相、10日に訪韓へ(産経新聞)
「普天間」打開へ直談判 米国務次官補 小沢氏の腹探る(産経新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
自民、小沢氏喚問も視野=首相発言の「軽さ」も追及(時事通信)
「12人大家族」自宅全焼も父強し!翌朝も新聞配達(スポーツ報知)

カーナビ物色で現場に 名古屋ひき逃げ、同乗者供述(産経新聞)

 名古屋市の国道交差点で3人が死亡したひき逃げ事件で、事件を起こした乗用車に同乗し、窃盗などの容疑で逮捕されたブラジル人の男2人のうち1人が「カーナビを盗むため現場付近を通行していた」と供述していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 2人は「パトカーに追い掛けられていた」「赤信号を無視した」とも供述。熱田署捜査本部は、車上狙いの物色中にパトカーの追跡を受け、逃れるために無謀な運転をしていたとみて調べを進めるとともに、危険運転致死容疑で指名手配した運転の男(26)=岐阜県美濃加茂市=ら残る2人の行方を追っている。

 捜査本部によると、ひき逃げ車はナンバープレートが付け替えられた盗難車で、車内から車のガラスを割る特殊工具やバールが見つかった。逮捕された別の1人は「食事に行くために現場近くを通行していた」と供述しているという。

 乗用車は事件直前に、ナンバーと車種が合わない不審車としてパトカーに追われていた。車が急にスピードを上げたため、愛知県警はほかの車に危険が生じると判断し追跡をやめたが、車はそのまま暴走を続けたらしい。

<塩分取りすぎ>がんなど万病のもと 厚労省が8万人調査(毎日新聞)
<強盗強姦>女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部(毎日新聞)
<国会同意人事>政府が3機関10人を提示(毎日新聞)
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い−練炭自殺装う・埼玉県警(時事通信)
<五輪招致委>敗因は「日本人トップの競技団体なく」(毎日新聞)

<児童ポルノ>ワーキングチーム初会合(毎日新聞)

 児童ポルノ根絶を目指して関係省庁が連携する「児童ポルノ排除対策ワーキングチーム」(議長・大島敦副内閣相)の初会合が4日、東京都千代田区の中央合同庁舎であった。有識者として出席した日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが被害の実態を訴え「性的虐待を受けて傷つく子どもたちをいかに救うか、知恵を出し合って」と要望。7月をめどにインターネット上での画像流通防止策や被害児童支援を盛り込んだ総合対策を打ち出すことが決まった。

【関連ニュース】
鳩山首相:幸夫人、賞品の宝石類を寄付
ハイチ大地震:学校再開「見通し立たず」…ユニセフ
ハイチ大地震:ユニセフ、子供700人を保護
ハイチ大地震:大リーグ機構が9200万円寄付
リアル・クローズ:伊勢丹でチャリティー ヒロイン企画のTシャツ、ブランドとコラボで再現

インフル患者、再び減少=累計2000万人突破−感染研(時事通信)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
NZ機、離陸中断で急ブレーキ=空港一時閉鎖、けが人なし−成田(時事通信)
「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)

雑記帳 映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)

 山田洋次さん(78)が共同監督になり、立命館大映像学部の学生が製作に加わった「京都太秦(うずまさ)物語」の完成披露試写会が31日、京都市中京区のMOVIX京都であった。

 京都・太秦の大映通り商店街の人々の恋物語で、実際に同商店街で撮影し、商店街の人々も出演している。学生22人は監督や撮影の助手を務めた。5月に同館で公開予定。

 「主役は学生です」と言う山田監督だが、「失敗したら腹を切る」という自信作。太秦の商店主らも「よーい、スタート」と活気を取り戻すきっかけに、と期待を寄せる。【小川信】

【関連ニュース】
ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映
山田洋次監督:「ベルリン」特別功労賞を受賞
注目映画紹介:「おとうと」 姉弟を中心に家族のきずな描く “山田組”独特の笑いと涙の物語
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 休日は文鳥を放し飼い「プライベートを楽しく」
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 山田組は「リアルな芝居の上の芝居」 ベテランの教えで開眼

独製ベビーカーでも指挟む恐れ、カバー配布(読売新聞)
少女2人にわいせつの疑い 巡査長を逮捕(産経新聞)
小沢氏、資産報告書に貸付金4億円の記載なし(読売新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)

医療工学のレベル向上を目指し、28日にシンポ(医療介護CBニュース)

 NPO法人健康医療開発機構は2月28日、日本の医療工学のさらなるレベル向上を図るため、先端医療機器の開発の重要性を広く知ってもらおうと、シンポジウム「日本の技術を、いのちのために。」を学術総合センター一ツ橋記念講堂(東京都千代田区)で開催する。

 シンポジウムでは、「日本の技術をいのちのために委員会」理事長の妙中義之氏(国立循環器病センター研究所副所長・先進医工学センター長)が「もっと救いたい、先端医療機器の力で」、国立がんセンター中央病院長の土屋了介氏が「医療クラスターが創る先端医療機器」と題して、それぞれ講演する。
 その後のパネルディスカッションでは、妙中氏と森勇介・阪大大学院工学系研究科教授をコーディネーターに、梅津光生・早大理工学術院教授/先端生命医科学センター長、澤芳樹・阪大医学部未来医療センター長、日吉和彦・化学技術戦略推進機構部長研究員らが、「医療と工学の出会い〜『先端医療機器』の開発」をテーマに意見交換する。


【関連記事】
「日本の技術をいのちのために委員会」が発足
【中医協】医療機器5件の保険適用を了承
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
医療機器のコード化で国内外の取り組みをヒアリング
医療機器のコード化で、年度内に提言へ―厚労省

盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
合成樹脂の倉庫内から煙、消火続く…川崎(読売新聞)
<相場操縦>容疑の元社員に課徴金 証取監視委が勧告(毎日新聞)
<自民>週末に全国で街頭演説 首相や小沢氏追及(毎日新聞)
<夕方閣議>「陛下に負担」宮内庁と相談へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。